しもばの放浪日記

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
Bonne Annee 2010
スペイン
↓11.15
モロッコ
↓12.26
モーリタニア




モロッコに渡るためにフェリー乗り場を訪れた。その時点でテンションは高まった。ターミナルの外に何人かが待ち構え、客引きを行っていたのだ。
「チケット売り場はこっちだ」
「ここでチケットを買え!中のチケット売り場は閉まってるぞ」
もちろん、外で買うと割高なのはわかりきっている。シカトしてターミナル内のオフィスで購入。要約するとつまりはこういうことだ。
『ようこそモロッコへ!』
いやはや、なんともワクワクするではないか。ヨーロッパの終わりを実感するにふさわしい儀式であった。

ジブラルタル海峡を越えるのに所要わずか2時間。港町タンジェにたどり着いた。それだけで景色はイスラム色に染まった。人も、食べ物も、着ている服も、流れる音楽ですらそうだ。今までいくつもの国境を越えてきたが、この変わりようには驚いてしまった。以前に訪れたチュニジアは随分と欧州色が強かった。それ以上にヨーロッパに近く旅行者も多いであろうモロッコは言わずもがなと思っていたのだ。確かに、チュニジアの時はイスラム世界から欧州へと向かう最中だった。今回はヨーロッパからイスラム圏へ。それだけで印象はだいぶ違うだろう。または、フェリーが到着するのがモロッコ最大の都市カサブランカだったら同じような感想を抱いたのかもしれない。しかし、地方のちっぽけな港町とはいえ、これだけの距離でありながらこんなにも独自の色を保っていられるものだろうか。ジェラバを纏ったおっさんたちが、ミントティーを飲みながらなにやらゲームに興じている。ねっとりとしたアザーンの声が町の雑踏に響き渡る。

アフリカ大陸に再上陸。同時に、ひさしぶりに旅に帰ってきたという感覚もある。どういう点でそれを感じるのかは自分でもよくわからない。きっと人との繋がりに起因しているに違いない。とも思ったが、思い返してみるとヨーロッパでも実に様々な出会いがあった。多くの人に自分の旅は支えられていた。すると単純に、ヨーロッパでは旅人がそれほど目立った存在ではないからであろうか。町中での自分の存在が希薄なのだ。他の旅行者も同様だ。それがここでは、共に異邦人として存在し続けることができる。それ故に人との距離は縮まる。道端や宿で声を掛けられる機会も増えた。そうこうするうちに色々な情報が手に入り、ルートが変わっていったりする。この漂っているような感覚が懐かしい。気付けば、モロッコでは常に他の旅人と行動を共にしていた。偶然が重なり合った結果ではあるが、やはりどこかで、同志というか道連れというか、そういったものを求めていたのかもしれない。



モロッコから西サハラを通り、モーリタニアへ。サハラ砂漠の西側にあたるこのルート、景色は想像通りひたすらに砂だった。モーリタニアの首都ヌアクショットへはフランス人旅行者の車に便乗した。旅行者も少ないだろうと思っていた西アフリカだが、その大半が旧フランスの植民地、言葉が通じるので実際はかなりの数のフランス人が旅行に訪れているようだ。モーリタニアビザを取得した際もフランス語の会話が飛び交っていた。

ヨーロッパからモロッコへ車で乗り入れてくる旅行者も多い。その際には西サハラからモーリタニアを下るルートはほぼ一本道となる。そのため、たどり着いたヌアクショットの宿も実に多くのフランス人でごった返していた。年配の旅行者もたくさんいた。どの人も皆、自分のキャンピングカーなどで旅をしている。日本だったら変人扱いされそうなものだが、やはりヨーロッパのように地続きで隣国に行けるような環境だと、旅行のスタイルも自然と異なってくるのかもしれない。

というわけでモーリタニアというマイナーな国にも関わらず、予想外にも大盛り上がりで新年を迎えることとなった。滞在していた宿で盛大なNew Year Partyが行われたのだ。ヌアクショットは海沿いの町。新鮮なエビが料理された。人々が持ち運んできたフランスワインが並ぶ。新年を迎えた瞬間、おばちゃんたちがトイレットペーパーを頭にくくりつけて現れた。なんだかわからないが面白い。皆で抱き合って新年を祝う。そこからはフランス人とモーリタニア人によるセッション。場を占めるのは大半がフランス人、そして数人のアフリカ人、日本人も自分と友人の2人いた。様々な民族が入り交じり、実に異質な空間となった。もちろん皆、はしゃぎまくりの踊りまくりである。2010年。あけましておめでたい。


スポンサーサイト
- | 07:26 | - | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shimoba.jugem.jp/trackback/96
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.