しもばの放浪日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
新大陸へ
スペイン
↓2012.01.29
イギリス
↓2012.06.22
フランス
↓2012.06.25
イギリス


偶然の出会いにも恵まれ、5カ月近くもロンドンに滞在することができた。これだけ長居をした理由は一つ。ヨーロッパから北米大陸へと渡るためだ。出来れば、北の大地アラスカから徐々に南下するルートを取りたかった。そのためにも夏を待ちたかったのである。

久々の都会生活。旅をしながらも感じていたことだが、改めて思う。純粋に地理的な意味で、広い世界を見てみたい、そう思って日本を出てきた。だがそれよりも、世界というのはきっととてつもなく深いのだ。どんな些細なことにも、数え切れない要素が複雑に絡み合っている。一つのものに触れては未知の世界を目の当たりにし、掘っても掘っても、更に世界は広がってゆく。きっと、一人の人間が触れることのできる世界など、この世のひと粒にも満たないのだろう。その中から一つを選び取り情熱を傾ける人の姿に畏敬の念を覚える。自分がこうして夏を迎えることができたのも多くの人たちの協力のおかげ。本当に感謝感謝である。

そんなわけで、遂に北米へと飛び立つこととなった。日本を発って6年目。ようやくの新大陸である。実に久々となる飛行機移動。一番安かったのはフランクフルト経由アンカレッジ行きの便。しかし、その行程は一筋縄ではいかなかった。

自業自得と言われればそれまでである。今回、アラスカ行きの片道航空券だけを購入していた。学生ビザや就労ビザがあるならいざ知らず、ビザ無し観光目的でアメリカに入国するには片道切符では難しい。ちゃんとアメリカを出国するチケットが必要となる。これは初めから聞かされていた事実だった。だが、自分はアラスカから陸路でカナダに行くつもりなのだ。復路の切符を買うのはお金の無駄だ。バックパッカーの間での常套手段として、偽のチケットを印刷して誤魔化すという手もないわけではない。しかし、無駄にドキドキするのも面倒だし、万一ボロが出た時に取り返しのつかないことになるではないか。結論。アメリカ本土ならばいざ知らず、これから行くのはアラスカである。テロの標的にもならないだろうし、きっちり時間をかけて説明すればきっとわかってくれるに違いない。追い返すのも手間がかかるだろうし、行ってしまえばこっちのもんだ。そうたかをくくっていた。

だが、そうは問屋が卸さなかった。ロンドンからわずか2時間、フランクフルトでの乗り継ぎの際に
「帰りのチケットが無ければ乗せられない」
ドイツの航空会社にそう宣言されてしまったのである。何を言ってもらちが開かず。今すぐ空港のチケット売り場で航空権を買うか、アラスカ行きのチケットを捨てドイツに滞在するか、二つに一つだ。そう言われてしまってはどうにもならない。交渉の場にすら立たせてもらえなかった。半泣きで空港をダッシュし、チケットを購入する羽目に。何より腹が立ったのは、アラスカでの入国審査の際にはチケットのことなど一言も質問されなかったことだ。ドイツ人の頭の堅さにしてやられた。あらかじめ往復チケットを買っていた方がよっぽど安上がりであった。



イギリス
↓2012.07.08(フランクフルト経由)
アメリカ合衆国
(アラスカ)

紆余曲折はあったものの、ようやくアラスカへと到着。入国してすぐに星条旗がお出迎え。空港を出る。やはり肌寒い。どーんと開けっぴろげに空が広がる。市バスで街の中心部へ。アラスカ最大の都市だがバスは一時間に一本だ。日曜とあって人気のない街並み。なんというか、『閑散』という言葉が似合う。とんでもないところへ来てしまったという気持ちが胸を支配する。宿に着き、早速最寄りのスーパーマーケットを教えてもらう。すぐそこにあるような口ぶりだったが、歩いてみると30分近くかかった。一区画一区画がやけにだだっ広いのである。

数日滞在しての感想は、アラスカといえどもやはりアメリカだということ。もちろん、アメリカ本土を先に体験していれば、
(やっぱり本土とは違うなー)
という感想になったのかもしれない。初の北米上陸になる自分としては、その比較が不可能なのだ。代わりに、ロンドンから一気に飛んできてしまったからだろうか、地理的にも文化的にも、今までなんとなく繋がっていたものがブッツリと分断されてしまったような感覚だ。これがせめて東海岸、例えばニューヨークあたりに飛んでいたら少しは欧州との繋がりも感じられたのだろうか。

距離の表示はマイル表記。これにはイギリスから来たので違和感ないが、気温75°Fなどと言われても、何のことやらさっぱり分からぬ。本当にデブ多しダボダボの服着てスケボー乗ってる若者もやたらといやがる。宿のリビングに置かれた特大のテレビで久々にベースボールを見た。コーヒーメーカーが置かれていて、アメリカンコーヒーをがぶ飲みできる。アメリカ英語が致命的なまでに聞き取れない。あちらとは使う表現も微妙に異なるのだ。店のショーウィンドウに銃痕があった。そういえば宿のレセプションにも銃持ち込み禁止の張り紙がしてあっただった。


スポンサーサイト
- | 10:22 | - | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.