しもばの放浪日記

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | - |
飛んでイスタンブール
南アフリカ
↓07.31
トルコ


ワールドカップが終わってからというもの、すっかり抜け殻状態となってしまった。思えばこのW杯こそが、ここ数年の自分の旅における最大の目的地であった。南アフリカという地は、地理的にもゴールとして十分な貫禄を持つ。だからこそ、だろうか。そこから先の進むべき目標を見失ってしまった。

ここからは久しぶりに空路を取ることは決めていた。このまま東アフリカを北上するというルートもあるにはあったが、西側を下ってきた身としてはそれ以上の魅力を感じない。飛行機を使うと決めた以上、どんな展開も有り得る。再びオーストラリアというのも可能ではある。その気になれば日本にだって帰れてしまう。このままケープタウンで働く、などという選択肢まであった。
『南米に飛ぶ』
数ある選択肢の中でも、それが最も妥当なものであったかもしれない。だが、半年以上もアフリカにいるので少しばかり肩の力を抜きたい。更に寒いのもちと辛い。何より、南米から北米に上がっていくというのが自分の中ではどうしてもピンと来ないというのがあった。出来ればアラスカあたりから南米のウシュアイアまで下りたい。アフリカ大陸同様に先っちょっぽい形状をしている分、その方が達成感が得られそうな気がするのだ。しかしながら南アからアラスカまではあまりに遠い。再びヨーロッパを経由するべきだろうか。中東にも行っていないのでカイロに飛ぶのもありかもしれない。いやいや、時間をかけずにとっととドイツあたりに飛ぶべきか。そのあたりの二択で悩んでいたのにもかかわらず、ネット屋で予約したのは何故かイスタンブール行きの航空券であった。まったくインスピレーションとしか言いようがない。

オーストラリアを去るとき以来、実に2年半ぶりとなる飛行機での移動。このような形でイスタンブールという地に降り立つことになるとは、全くの想定外であった。アジアを横断してヨーロッパの入り口へ。またはヨーロッパからアジアの玄関口へ。どちらの場合も、きっとそれなりの感慨を得ることができたに違いない。もし、これがかつて滞在した町(例えばカイロなど)であれば、『懐かしさ』という感情で誤魔化せたのかもしれない。道に黒人が歩いていない。町にモスクが立ち並ぶ光景も久しぶりだ。モスクの形状も、自分が今まで訪れた国とは違う。だが、空路で入ったこの町に自分の心が馴染むにはやはり時間を必要とした。
「暑い」
それだけが明確な差異として感じられた。それこそが、わずか一日の内にものすごい距離を移動したことの何よりの証明でもあった。


スポンサーサイト
- | 16:43 | - | - | - |
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.